雨竜の滝
(中津渓谷/仁淀川町)


雨と渓谷の流れで造られた自然のオブジェ、中津渓谷。
「紅葉滝」や「雨竜の滝」、「龍宮淵」など千差万別の奇観が連なり、たぐいまれな渓谷美を誇っています。
 水ぬるむ春、清流と遊ぶ夏、紅葉燃える秋、冷気張りつめる冬。
 四季の織りなす渓谷美が心の底まで洗ってくれます。
 
 中津渓谷は燃えるようなもみじで知られる名所。
渓谷には約2.3キロにもおよぶ遊歩道が整備され、奇勝の数々を間近で見ることができます。


渓谷の奥深くに位置し、中津渓谷のシンボルともいえる雨竜の滝。
その雄大な姿から「竜吐水」とも呼ばれています。
その昔、この滝には容易に人は近づけず、まさに神秘の滝として言い伝えられてきました。
現在は遊歩道が整備され、この滝を間近で見ることができます

仁淀川町HPより転載


2012.1.21






2008.10.11



2008.2.24



2004.11.7
 


2003.9.7




龍宮淵

2012.1.21



 2003.9.7



トップへ     高知の滝へ

inserted by FC2 system